佐賀県内の11月の新車販売台数は前年同月比0・2%増の2782台だった。軽自動車を除く登録車は5・0%の減。無資格検査問題で国内向けの生産・出荷を一時停止していた日産自動車の大幅減が響き、3カ月連続で前年実績を下回った。

 日産の登録車は30・9%減で、前月に続いて大幅なマイナスとなった。日産と同様、無資格検査が見つかったスバルは4・5%減となり、1年ぶりに前年を割り込んだ。

 軽自動車は、5・9%の増。三菱自動車などに生産を委託して生産を続けていた日産は25・6%増で、販売の落ち込みは見られなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加