初当選し、支援者から贈られたタイを掲げる峰達郎市長=1月29日、唐津市町田の事務所

 2017年の唐津市は市長選で幕を開けた。新人4人の争いは、元県議の峰達郎氏(57)が約3万票を獲得し、前副市長に8千票差をつけ、2度目の挑戦で初当選。不正や疑惑が続いた市政への不信が押し上げた。だが副市長人事でつまずくなど快調な出足とは言えず、独自色は来年度以降になる。

 秋以降、JR唐津駅前の「ふるさと会館アルピノ」が運営問題で揺れている。共同事業体3社の指定管理は、うち1社が破産し、市は指定を取り消した。一部を閉鎖し、来年3月まで市直営に変更。その後の運営を巡る論議は年を越す。

 昨年、唐津で撮影された映画『花筐』の地元先行上映会が始まった。大林宣彦監督(79)が余命宣告を受けての撮影だったと明らかになり、多くのメディアが取り上げている。16日から全国で順次上映される。

 アニメに登場した場所を訪れる“聖地巡礼”で、若い女性を中心に数多くのファンが来唐した。アニメ「ユーリ!!! on ICE」で昨年末の放送終了から11月まで、延べ4万人以上が訪ね、うち1万1千人以上が宿泊。国内だけでなく、世界30カ国以上からも押し寄せている。

 金塊約206キロを密輸した事件が鎮西町の名護屋漁港で起き、日本人と中国人の計9人が逮捕された。押収量としては過去最多で全国ニュースになった。

 次点になるが、衆院選で台風の影響で離島の投票箱が回収できず、開票作業が1日遅れたことも注目を集めた。

 

5大ニュース

(1)峰市長が初当選

(2)アルピノの指定管理取り消し、市直営に

(3)映画『花筐』が封切り

(4)“聖地巡礼”にぎわう

(5)名護屋漁港で金塊密輸事件

このエントリーをはてなブックマークに追加