抽選会でサンタクロースを装うスタッフからプレゼントをもらう子どもたち=江北町のこどもセンターうるる

 江北町のこどもセンターうるるのクリスマス会が11日、現地であった。乳幼児から小学生まで約100人の子どもたちが、ステージや人形劇、抽選会などで一足早いクリスマス気分に浸った。

 町内で活動するウクレレサークル「ピクニック」の9人は、「ジングルベル」や「ジングルベル・ロック」など5曲を演奏し、温かい手拍子が広がった。また九州龍谷短期大で保育を学ぶ人形劇サークルの9人も、ボランティアで訪れ、シンデレラが不思議の国のアリスの世界に迷い込むという創作劇を上演。子どもたちは夢中になって観賞していた。

 お菓子やぬいぐるみ、文房具などが当たる抽選会もあり、子どもたちは番号が読み上げられるたびに一喜一憂して楽しんだ。ピクニックの一員としてピアノやウクレレを弾いた江北小5年の百武蒼太君(10)は「全員で合わせて弾くのは難しかったけど、面白かった」と満足げだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加