三菱重工業と日本原燃(青森県六ケ所村)が、巨額の赤字を抱え経営再建中のフランス原子力大手アレバに計数百億円程度を出資する方向で最終調整していることが8日、分かった。

 三菱重工と日本原燃はアレバに出資することで、日本を含む世界で今後本格化する廃炉や、核燃料の再処理の技術を高めたい考えだ。近く拠出するとみられる。

 東京電力福島第1原発事故の影響で世界の原発市場が冷え込んでいることなどを背景に、アレバの業績は大幅に悪化している。フランス政府主導で再建策が進められ、三菱重工は昨年から支援を要請されていた。中国の原子力大手もアレバへの出資を検討している。

 三菱重工は、核燃料の再処理や廃炉技術が中心のアレバへの出資は「廃炉問題を考えると日本のためにもなる」(宮永俊一社長)として、昨年から検討を進めていた。

 このほか、三菱重工は原子炉プラント製造を手掛けるアレバ子会社にも出資する方針。連携して、需要が高まっている新興国などでの原発の受注獲得を目指す狙いもありそうだ。

 三菱重工とアレバは合弁会社を設立して、最新型原子炉プラントを共同開発するなど以前から提携関係にある。【共同】

 ■アレバ フランスの大手原子力総合企業。原発プラントの建設や核燃料の再処理、廃炉など幅広い原発関連事業を、全世界で手掛けている。東京電力福島第1原発事故に伴う原発市場の低迷で業績が悪化し、巨額の赤字に陥っている。そのため、フランス政府が8割強を出資し財政支援するなど主導して経営再建に取り組んでいる。資本増強では、日本や中国などの企業に出資を要請していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加