日本バドミントン協会は12日、来年の日本代表を発表し、昨年4月に発覚した違法賭博問題で強化指定から外した男子シングルス元世界ランキング2位の桃田賢斗(NTT東日本)をA代表に選出した。女子シングルスで世界選手権金メダルの奥原希望(日本ユニシス)、全日本総合選手権優勝の山口茜(再春館製薬所)らも入った。

 女子ダブルスではリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)や世界選手権銀メダルの福島由紀、広田彩花組(再春館製薬所)らがA代表入りした。

 男子A代表には、武下利一(トナミ運輸、佐賀市出身)、嘉村健士(トナミ運輸、唐津市出身)、井上拓斗(日本ユニシス、玄海町出身)も選ばれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加