佐賀空港滑走路上空を試験飛行する米軍オスプレイ=2016年11月8日午前、佐賀市川副町

 米軍輸送機オスプレイに関するアンケートで、防衛省から佐賀空港に自衛隊機配備を要請されている佐賀県の山口祥義知事は、過去最悪の事故率について防衛省に説明を求める姿勢を改めて示した。訓練受け入れの賛否では「国が責任を持って対応すべき」と回答した。

 県内では相次ぐ事故やトラブルで、安全性への不安の声が高まっている。「オスプレイの飛行拡大に不安や懸念はあるか」との質問に、山口知事は「事故が発生し、安全性に対する国民の懸念は増している」との認識を示した。

 過去最悪の事故率に対しては、「防衛省には分かりやすく説明していただく必要がある」と注文した。

 沖縄県の配備撤回要求に理解や共感はできるかや、訓練の県外移転の賛否、訓練の地元受け入れの賛否、日米地位協定改定の必要性を聞いた四つの質問には、「安保に関することで、国が責任を持って対応すべき。沖縄の現状や痛みを全国で考えていくことは大切にしなければならない」と答えた。

 佐賀空港の米軍利用に関して防衛省は当初の利用要請を取り下げ、全国の空港と横並びで活用を考慮すると説明している。

【関連記事】沖縄負担軽減に消極姿勢 オスプレイ大破1年

このエントリーをはてなブックマークに追加