国立大学協会(会長・里見進東北大学長)は8日、原則として全ての国立大の2次試験で、文系理系を問わず、難易度が高い長文記述式の問題を何らかの科目で全受験生に課すことを目指すとの改革案を発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加