お歳暮を選ぶ来店客=佐賀市の佐賀玉屋

 お歳暮商戦がピークを迎えた。佐賀市の佐賀玉屋では調理の手間を省ける食材が人気で、来年の明治維新150年にちなんだ商品もお目見え。商品選びや発送手続きを行う来店客でにぎわいを見せている。

 同店では3千~5千円の商品が売れ筋。今年は新たに佐賀、鹿児島、山口、高知の日本酒をそろえた「薩長土肥清酒セット」(3240円)を用意した。県外に送る場合は「佐賀ならでは」の商品を選ぶ客が多く、県産酒の売り上げも上昇傾向という。

 電子レンジで温めたり、焼いたりするだけで弁当のおかずにもなる冷凍食品は子育て家庭向けに人気。市内の吉浦成子さん(78)は「働いている家庭には助かると思って」と焼きサケのセットなどを購入した。

 特設のギフトセンターには約千点を集めた。同店は「多様化する家族構成に合わせて贈り物の幅も広がっている」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加