押し花を使ってカレンダーを作った牧島小5、6年生=伊万里市

 伊万里市の牧島小学校で7日、ものづくり体験教室が開かれた。5、6年生15人が押し花のカレンダー作りを通し、デザインすることの楽しさに触れた。

 ものづくりへの興味を深めてもらうために県が実施している出前授業の一つで、押し花の材料などを製造販売している鳥栖市の会社「クリエイト」から講師を招いた。

 児童たちは押し花カレンダーの専用キットを使って、額絵部分のデザインに挑戦。色とりどりの草花をピンセットで慎重に扱いながら、それぞれが自分好みにアレンジしていった。

 6年生の山口綾さんは「全員が同じ草花を使っても、出来上がった作品に同じものは一つもなかった。一人一人の個性が出て、見比べるのも楽しかった」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加