料理教室で、包丁を使って調理する参加者=佐賀市天神のアバンセ

 父親と子どもたちが一緒に作る料理教室が10日、佐賀市天神のアバンセであった。12組28人の親子が鶏料理やグラタンなどに挑戦し、包丁を使って食材をカットしたり、フライパンで炒めたりしながら完成させた。

 「筋肉料理人」で知られる料理ブロガーの藤吉和男さん(鳥栖市)が講師を務めた。参加者は炒めた鶏肉と野菜をトマトソースで煮込み、グラタン皿に豆腐やチーズなどを入れてオーブンで焼いた。父親は料理をしながら子どもたちに包丁の使い方や食材の焼き加減を丁寧に教えていた。

 参加した父親は「家でなかなか料理しないけど、レシピがあればできそう」「手伝いをする子どもの一面を知ることができて良かった」などと話した。料理教室は男性の家事参加を推進しようとアバンセが主催し、全国女性会館協議会と日本テトラパックが共催した。

このエントリーをはてなブックマークに追加