【ワシントン共同】ロイター通信は12日、米高官の話として、ティラーソン国務長官が同日「対話による北朝鮮の非核化に楽観的な見通しを持っている」との意見を表明する予定だと伝えた。北朝鮮との対話を巡っては、ロシアが実現へ向けて協力を申し出ている。

 内戦が続くシリア情勢に関しては「アサド大統領に果たすべき役割はない」とあらためて退陣を求める方針という。

 国務長官更迭の観測が広がるティラーソン氏だが、高官はティラーソン氏について「長官にとどまるつもりか」と問われれば「彼は『イエス』と答えるだろう」と語ったという。

このエントリーをはてなブックマークに追加