伊万里市の宗教法人「至誠光魂(こんごう)寺」が物品販売を装い、法定金利を超える利息を受け取ったとされる事件で、神戸地検は11日、出資法違反(超高金利)容疑で、代表役員立石扇山容疑者(77)=伊万里市大坪町乙=ら5人を起訴した。

 神戸地検によると、5人は長崎県の元会社経営の男性から法定金利を大幅に超える利息を受け取ったとして、佐賀、兵庫、新潟県警の合同捜査本部に11月21日に逮捕されていた。会社員吉村一孝容疑者(47)=伊万里町甲=を除く4人が11月1日に逮捕された出資法違反事件については処分保留になっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加