Q.突然息子が逮捕されました。いきなりのことで驚いています。今後、息子はどうなるのでしょうか。私は何をしたらよいのでしょうか。

A.大切な人が逮捕されたら、まずは弁護士会に電話して、当番弁護士を要請しましょう。

 当番弁護士は、逮捕されている方に会って話を聞き、今後の手続きや取り調べの心構えについて助言などを行います。逮捕期間中は、家族であっても面会できませんが、弁護士は逮捕された方と会って話をすることができます。

 ですので、当番弁護士を要請することで、逮捕された方の不安を少しは取り除くことができるでしょうし、早期に弁護士の助言を受けることができます。

 また、当番弁護士の要請をする際に、あなたの連絡先を伝えておけば、弁護士からある程度の状況を聞くことができるかもしれません。

 逮捕されると、逮捕期間が最大72時間、その後、検察官が起訴する(裁判にかける)かどうか決めるまでの勾留期間が最大20日間、合わせて最大23日間身柄を拘束される可能性があります。

 また、起訴されればその後も勾留が続きます(起訴後は保釈で出られることもあります)。加えて、勾留中、弁護士以外との面会や手紙のやりとりを禁止される可能性もありますし、判決の内容によっては、そのまま刑務所に入らなければならなくなります。

 どうなるかは、何の容疑で捕まっているか、容疑を認めているかなど、さまざまな事情によって変わってきますし、検察官(および裁判官)が決めるので、はっきりしたことは言えませんが、おおよその見通しは、事情をよく知る弁護人に聞いてみましょう。起訴された場合の保釈についても、弁護人に相談してみてください。

 なお、勾留中は、あなたから逮捕された方に服や本、現金などを差し入れすることができますが、差し入れには決まりがありますので、事前に、身柄のある警察署に確認しましょう。(弁護士 小野紗矢香 佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加