気象庁は11日、日本海で急速に発達する低気圧や、その後に冬型の気圧配置となる影響で、13日ごろにかけて日本海側で海上を中心に雪を伴った非常に強い風が吹くほか、大しけになる恐れがあるとして、暴風雪や高波への警戒を呼び掛けた。

 急速に発達しながら11日に日本海を北東へ進む低気圧が、12日にはオホーツク海へ移動。11日夜に北日本の上空に強い寒気が流れ込み、13日ごろにかけて強い冬型の気圧配置になる。

 12日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道と近畿で23メートル(35メートル)、北陸で22メートル(35メートル)。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加