ノーベル平和賞の授賞式でメダルと賞状を授与され、顔を寄せ合うサーロー節子さん(左)とICANのベアトリス・フィン事務局長=10日、オスロ(共同)

 【オスロ共同】広島、長崎の被爆者らと連携し、核兵器禁止条約の採択に尽力した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に対するノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロで開かれた。ICANの活動に協力してきたカナダ在住のサーロー節子さん(85)が、被爆者として初めて授賞式で演説。13歳の時に広島で被爆した体験を振り返り「核兵器は必要悪でなく絶対悪だ」と強調、条約を「核兵器の終わりの始まりにしよう」と呼び掛けた。

 核保有国による核軍縮が停滞する一方、北朝鮮は核・ミサイル開発を加速させている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加