サガン鳥栖への加入が決まったMF伊藤遼哉=11月23日、鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖は9日、ドイツのデュッセルドルフU-19からMF伊藤遼哉(19)を獲得したと発表した。

 伊藤は東京都出身で、180センチ、70キロ。スイスのチューリヒ、グラスホッパー、ドイツのバイエルン・ミュンヘン、シャルケ、デュッセルドルフの下部組織でプレーした経験を持つ。中盤でのアイデアあふれるプレーが持ち味で、2014年にU-16、15年にはU-17日本代表に選ばれた。

 11月中旬から鳥栖の練習に参加していた伊藤はクラブを通じ、「自身の特徴であるゴールに絡むプレーを最大限に生かす」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加