多良正裕町長(右)に寄付金を手渡す堤浩一社長(中央)と島崎健管理本部長=吉野ヶ里町役場

 佐賀県と福岡県に食品スーパーを展開するスーパーモリナガ(堤浩一社長)が6日、障害者支援を目的とした寄付金50万円を吉野ヶ里町の多良正裕町長に手渡した。

 贈呈式では、多良町長が「心遣いがありがたい。住みよい町づくりのために有効に使わせてもらいたい」と感謝。堤社長は「障害者の支援に役立ててもらえればという思い」と話した。

 同社は、店舗のある県内の6市町と久留米市(福岡県)に寄付を継続し、吉野ヶ里町には2010年から今回で8回目。寄付額の累計は250万円になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加