節約のため、大学の食堂で使える年間パスカードを利用する学生も多い=佐賀市の佐賀大学本庄キャンパス

あこがれの大学生活。アルバイトなどでためたお金を計画的に積み立てている学生も多い=佐賀市の佐賀大学

 本格的な受験シーズンを迎え、日夜勉強に励む受験生はもちろん、教育資金の手当てに頭を悩ませている保護者も多いだろう。受験費用や大学への納付金に加え、佐賀を離れて大学に通う場合は仕送りやアパートの家賃も必要になる。大学生活の4年間でどれくらいの費用がかかるのか、貯蓄で足りない分をどう手当てするか。県内の大学生協や金融機関に現状やポイントを尋ねた。

 仕送りなどの経済的負担を避けるため、受験生の「地元志向」が高まっている。自宅通学であっても、入学金や授業料など大学進学にはまとまったお金が必要になるためだ。進学に備えて親子でじっくりと話し合い、入念な準備を心掛けたい。

 佐賀大学生協によると、同大入学時に必要となる費用は入学金(28万2千円)、前期授業料(26万7900円)といった大学への納付金のほか、生活準備金や教材購入費などを合わせ、自宅通学のケースでも平均130万円近くに上るという。

 これが1人暮らしになると180万円、学生寮を選んだ場合でも140万円が必要になる。このため同大でも自宅から通う学生が多く、県内をはじめ長崎、福岡の隣県出身者が約8割を占めている。

 1人暮らしの場合、毎月の費用はどの程度かかるのだろうか。

 同大生協の試算(目安)では、学生の1カ月の生活費は平均約10万5千円。親からの仕送り額は多い学生で8万円ほどだが、仕送りゼロの学生も増えているという。

 家賃は、大学周辺で3万6千~4万円程度が相場という。入居時にはさらに敷金や手数料、当初1カ月分の家賃を合わせて約20万円が必要になる。学生寮は月額1万300円で、敷金や手数料は必要ない。

 引っ越し費用は5万円前後。洗濯機やテレビ、掃除機、冷蔵庫などの生活家電の購入費は15万円ほどになる。パソコンは平均18万円程度で、入学時に買う学生が多いという。

 自動車運転免許の取得費用は26万7千円。バスや電車などの公共交通機関が発達していない地方では、日常の移動手段に車を使う学生も多く、同大では学生の7割が1年生の時に取得している。

 同大生協(加入出資金2万円)に加入している学生の割合は98%を占める。このうち7割が学生総合共済(1万4800円)にも入っている。

 大学の食堂で使える年間パス「ミールカード」は、9万2千円(1日1食)から。多く利用するほど、1食当たりの金額が安くなる仕組みで、まだ自炊に慣れていない1人暮らしの1年生の多くが利用しているという。

 就職活動がスタートする3~4年生になると、会社説明会への参加や採用試験のため交通・宿泊費などの出費も増える。同大生協は「生活費を切り詰めて、毎月一定額を計画的に積み立てている学生も多い」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加