10万人目になった山田愛翔さん(中央)と中原敬太さん(右)と井口所長=佐賀市の佐賀バルーンミュージアム

 佐賀市の佐賀バルーンミュージアム3階にある佐賀市青少年センターの来場者が7日、10万人を突破した。10万人目となった致遠館高2年の中原敬太さん(17)と山田愛翔さん(17)に記念品などが贈られた。

 青少年センターは、昨年10月1日のバルーンミュージアムの開館に合わせ、佐賀市の成章町から同施設内に移転した。個別の学習室やフリースペースには、約130席を用意していて、多くの学生が自習勉強に活用している。多目的室では、卓球やダンスなども楽しめ、毎月7千人ほどが来場していた。

 授与式では、青少年センターの井口浩樹所長が「卒業したあとも、末永くセンターを利用してほしい」とあいさつし、2人にバルーンミュージアムの入場券や自転車のワイヤロック、認定証などを手渡した。

 10万人目となった中原さんと山田さんは「予想していなかった」と驚きながらも、「学校とは違う和やかな雰囲気で、少し力を抜いて勉強できる」と話し、それぞれ数学の勉強に取り組んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加