佐賀県で16年ぶりに開かれたJA九州沖縄地区青年大会=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 JA九州沖縄地区青年大会が5、6の両日、佐賀市で開かれた。九州各県の代表者が、青年部組織を活性化するための取り組みや日々の農業体験を通して感じたことなどを発表した。

 県内からは、10月の県大会で最優秀賞を受賞した吉村和寛さん(JAからつ青年部東部支部)が組織活動実績発表の部、庄島英史さん(JAさが神埼地区青壮年部三瀬支部)が青年の主張発表の部に出場し、親子体験などに力を入れていることや、Uターン就農者としての思いを訴えた。

 両部門に7人ずつが登壇し、組織活動は城戸剛さん(福岡県・JA筑紫青壮年部)、青年の主張は木山英樹さん(熊本県・JA鹿本青年部山本支部)が最優秀賞に輝いた。

 県内での大会開催は16年ぶりで、九州各県の青年農業者375人が参加して交流を深めた。日本気象協会の石掛貴人気象予報士による講演もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加