新商品の“お茶め”を手にする田中伸一郎さん(右)と磨理子さん=神埼市千代田町の田中茶舗

 ○…神埼市千代田町の田中茶舗が、遊び心満載のユニークな新商品「お茶め」の販売を開始した。シーンや気分に合わせて飲むことができ、だじゃれを交えた名前をつけた。田中伸一郎さん(38)と磨理子さん(38)は「味には自信がある。プチギフトとして手にとってもらえれば」と話す。

 ○…第1弾は、気合いを注入したい場面で飲む「茶ージ」や目覚めの一杯にふさわしい「めざめ茶」、子どもでも飲みやすい「お子茶ま」、「恋い茶」「りらく茶」の5種類。短くわかりやすい名前を付け、袋の裏には磨理子さんが考えた”お茶めモ”などが記載されている。5種類セットで1080円(税込み)、個別の販売もしている。

 ○…経営革新を目指した新規事業の一環から行き着いた新製品。伸一郎さんは「商工会のおかげでこういうものができた」と感謝する。すでに、男性をターゲットにした第2弾も検討しているという。「第1弾を出して終わりではなく続けていきたい」と伸一郎さん。おちゃめな新商品から目が離せなさそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加