佐賀大会での健闘を誓ったJTマーヴェラスの吉原知子監督(右)と井上琴絵主将=佐賀新聞社

 プレミアリーグ女子佐賀大会に出場するJTマーヴェラスの吉原知子監督とリベロの井上琴絵主将が9日、佐賀新聞社を訪問、多くの観戦を呼び掛けた。

 JTは、3シーズンぶりに2部のチャレンジリーグから復帰した。現在6勝5敗のリーグ4位で吉原監督は「失うものは何もなく、1試合1試合の経験が選手の力になっている」と一応の手応えを感じている様子。佐賀大会では日立、PFUとの対戦で、井上主将は先週の2連敗を踏まえ「チャレンジャーとして粘り抜く全員バレーを見せて、浮上のきっかけにしたい」と意気込んでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加