鳥栖市議会の議長に就任した齊藤正治さん(69)

 2年ぶりの議長就任で、4回目は歴代最多になる。気になるのは11月の市議選の投票率。過去最低の51・58%で「議会のあり方も一つの要因」と反省する。

 「議員はもっと市民の声を聞いて勉強し、場合によっては執行部に議案の修正を求めるような、能力を高めていく必要がある。それこそが二元代表制の本来の姿でしょう」。対策として専門家を招いての勉強会、市民との対話の場を増やしたいと考えている。

 鳥栖工高卒業後、東京消防庁丸の内消防署で消防士に。帰郷して父の造園建設業を継いだ。青年会議所で議員定数削減を求めるなどさまざまに活動し、地元から押し上げられる形で政治の世界に入った。

 熱かんをやりながら、まちづくりなどをわいわい議論するのが好き。趣味は週に数回、片道1時間かける散歩で「私の楽しい思索の時間です」。

このエントリーをはてなブックマークに追加