内閣府が8日発表した7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比0・6%増、年率換算で2・5%増となり、7四半期連続のプラス成長を維持した。設備投資の伸びや在庫の積み増しを反映し、速報値の年率1・4%増から上方修正された。4~6月期の2・9%増から伸びは鈍化した。

 7四半期連続のプラス成長は、現在の基準で比較できる1994年4~6月期以降で初めて。速報値段階では7四半期連続成長は16年ぶりとしていたが、過去にさかのぼって季節要因などを反映させ、修正した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加