名張毒ぶどう酒事件の第10次再審請求が棄却され、記者会見する奥西勝元死刑囚の妹岡美代子さん(手前右)と鈴木泉弁護団長(同左)=8日午後、名古屋市

 奥西勝元死刑囚の遺影を見つめる妹の岡美代子さん=11月、奈良県山添村

 三重県名張市で1961年に女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝元死刑囚=収監先で病死=の妹岡美代子さん(88)が申し立てた第10次再審請求に対し、名古屋高裁(山口裕之裁判長)は8日、請求を棄却する決定をした。

 高裁は決定で、混入された毒物が確定判決認定の農薬「ニッカリンT」ではないことを示したとする弁護団の実験について「当時の試験器具は既に入手不可能で、条件や操作方法の詳細も分からない」として、妥当性を否定した。

 鈴木泉弁護団長は「直ちに異議申し立ての準備をする」と述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加