政府は8日午前の閣議で、天皇陛下の退位日を2019年4月30日と定める政令を決定した。翌5月1日に皇太子さまが即位し、改元される。新元号は来年半ばに公表する方針だ。天皇の退位は1817年の光格天皇以来、約200年ぶりで、現行憲法下では初めて。「昭和」を受け継いだ「平成」は31年で幕を閉じる。

 政府は円滑な代替わりに向け、菅義偉官房長官を長とする準備組織を年明けに設置し、退位儀式の在り方などの検討作業を本格化させる。

 天皇陛下は退位後に「上皇」、皇后さまは「上皇后(じょうこうごう)」、秋篠宮さまは皇位継承順1位を意味する「皇嗣(こうし)」にそれぞれ就く。皇室典範は皇太子を「皇嗣たる皇子(天皇の息子)」と規定しており、皇太子は不在となる。

 新元号決定については、複数の元号案を作成しておくなど平成改元時の手続きを踏襲する見通しだ。有識者らの意見を聴いた上で、首相が最終決定する。退位の儀式に関しては、過去の文献などを調査し、どのような在り方が現行憲法と合致するのか検討する。

 天皇陛下は昨年8月、退位の思いをにじませたビデオメッセージを公表した。政府内には「2019年3月退位、4月即位」などの案が浮上。政府は「静かな環境」を確保するには「19年4月退位、5月即位」が最適だと判断し、皇室会議も同様の見解をまとめた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加