軽快な動きでパスを出すLBパク・ヨンギル(中央)=神埼市のトヨタ紡織九州クレインアリーナ

 日本ハンドボールリーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、リーグ戦第15週第1日の9日、トヨタ車体(愛知県)と対戦する。チームはここ4戦で3勝1分けと勢いに乗っており、上位撃破で3連勝を飾りたい。

 トヨタ紡織九州は通算成績4勝2分け10敗の7位。前週は琉球コラソン(沖縄県)に競り勝ち、今季初の2連勝を挙げた。対するトヨタ車体は10勝3分け3敗の3位。リーグ屈指の守備力を武器に白星を重ねており、トヨタ紡織九州との今季対戦も1勝1分けとリードしている。

 トヨタ紡織九州は7日の練習で速攻から守備への素早い切り返しを確認。韓国代表のCBキム・ドンチョル、LBパク・ヨンギルに加え、4~6日まで日本代表合宿に参加したPV酒井翔一朗も軽快な動きを見せた。石黒将之監督は「まずは守備を固め、序盤から先行する展開に持ち込みたい」と語る。

 トヨタ車体戦は9日午後1時から広島県の中区スポーツセンターで。第15週は連戦で、最終日の10日は正午から愛媛県の西条市総合体育館で琉球コラソン(沖縄県)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加