自民、公明両党の税制調査会は7日、それぞれ会合を開いて所得税改革を協議したが、給与年収800万円超の会社員らを増税とする当初案に公明党から反対意見が相次ぎ、結論を持ち越した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加