JR佐賀駅前の西友佐賀店が来年3月末に閉店することを受け、佐賀市の秀島敏行市長は6日、「買い物難民の問題は周辺部だけではない。中心部でもある」と述べ、閉店による影響に懸念を示した。「早めに補えるよう施策、誘致策を考えなければならない」と語り、市として対策を検討する考えを明らかにした。

 市議会一般質問で西友佐賀店の閉店を踏まえ、永渕史孝議員が駅周辺整備計画について尋ねた。

 秀島市長は「駅周辺整備は重点課題として取り組んでいるが、状況は厳しいものがある」と現状認識を示した。「駅周辺は本来便利であるはずだが、(閉店後は)買い物に難儀する。現実問題として、買い物に対する不便さは分かる」と答えた。

 店舗横の西友駐車場には、JA佐賀市中央による民間ビルの開発計画がある。施設概要や建設時期などは明らかになっていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加