質問・要望書を担当者に手渡す原告団のメンバー(左)=東松浦郡玄海町役場

 「原発なくそう!玄海原発訴訟原告団」(長谷川照団長)は6日、玄海原発が立地する東松浦郡玄海町に、再稼働による影響について考えを問う質問書を提出した。原発事故時に甲状腺被ばくを抑える効果がある安定ヨウ素剤の全戸配布も要望した。

 質問書は、町民が安全に避難できる準備が整っているのかや、長期避難になった場合の対処など6項目を尋ねている。要望では、全町民と学校などの施設に安定ヨウ素剤を配ることや、再稼働しないよう佐賀県と九電に要請することを町に求めた。長谷川団長は「原発が動いていない今こそ脱原発の機会。町民としっかり話し合って」と訴えた。

 西立也管理統括監は「町としても原発に頼らない地域づくりの方針を考えていく」と質問書を受け取った。

このエントリーをはてなブックマークに追加