Jリーグは5日、横浜アリーナで年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開き、最優秀選手賞は今季初優勝した川崎で主将を務めた小林悠(30)が初受賞した。23ゴールで初の得点王にも輝き、同時受賞は2012年に広島で獲得した佐藤寿人(名古屋)以来6人目。

 最も活躍した若手に贈られる「ベストヤングプレーヤー賞」には30試合に出場しセンターバックで奮闘した20歳の中山雄太(柏)が選ばれた。ベストイレブンには川崎から中村憲剛(37)、車屋紳太郎(25)ら最多4人が入り、22得点を挙げたC大阪の杉本健勇(25)やG大阪の井手口陽介(21)、柏の中村航輔(22)ら7人を初選出した。

 最優秀ゴール賞は浦和の関根貴大(22)が、インゴルシュタット(ドイツ)移籍前の7月に広島戦で見せたドリブル突破からの得点に決まった。

 サガン鳥栖は3年連続3度目のフェアプレー賞に選ばれ、FWビクトル・イバルボ(27)が優秀選手賞を受賞した。【共同】

 川崎・小林の話 プロになってけがの多かった僕と、悔しい思いをするたびに一緒に泣いて乗り越えてくれた奥さん(直子夫人)に感謝の気持ちを伝えたい。キャプテンマークを巻いて先頭を走ってきたから、素晴らしい賞をもらえた。

このエントリーをはてなブックマークに追加