九電鳥栖営業所で開かれているエコ自慢入賞作品展

 県内の小学生を対象にした「わが家のエコ自慢コンテスト」(九州電力佐賀支社、佐賀新聞社主催)の入賞作品展が鳥栖市秋葉町の九州電力鳥栖営業所で開かれている。8日まで。

 管内の鳥栖市、三養基郡内の子どもたちの作品を含む48点を展示。最優秀賞の鳥栖北小6年の盛山はるのさんはペットボトルを加工して調味料入れに再利用している。弥生が丘小1年の畑邉陽香里さんはペットボトルでペン立てを作り、上峰小5年の石橋七海さんは祖父が雨水をためて花や植木への水やりに利用している様子をまとめている。

 市内の20代女性は「いろいろ取り組まれている様子が分かり感心した。取り組みにも個性があるんですね」と見入っていた。11日~15日は武雄営業所、18日~21日は唐津営業所、22日~27日は県庁1階県民ホールで展示される。

このエントリーをはてなブックマークに追加