昨年4月の佐賀県議選で、杵島郡選出の石倉秀郷県議が、自身が代表を務める自民支部から200万円の寄付を受けたという選挙運動費用収支報告の記載は誤りだったとして、県議側は9日、県選管に修正を届けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加