厚労大臣優秀賞の賞状を受け取ったミズの木元伸一社長(右)=東京都港区のベクトルスタジオ

 調剤薬局・ドラッグストア運営のミズ(佐賀市、木元伸一社長)は、健康に老後を過ごす「健康寿命」の延伸に向けた企業や団体の取り組みを表彰する「第6回健康寿命をのばそうアワード」(厚生労働省主催)の介護予防・高齢者生活支援分野で、厚労大臣優秀賞(企業部門)に選ばれた。

 ミズは2014年6月、医療モールや介護施設などを集約した高齢者向けの複合施設「そいよかね」を佐賀市に開設。施設を拠点に自治会と連携して介護予防教室などを展開し、高齢者の生きがいづくりや地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいることなどが評価された。

 大学教授や地域医療の専門家らが審査し、11月中旬に東京都内で授賞式が開かれた。木元社長は「活動が評価されてうれしく思う。地域の掛かり付け薬局として、今後も健康増進に努めたい」と抱負を述べた。

 県内からはこのほか、高齢者の見守り事業を展開する佐賀市が厚労省老健局長優良賞(自治体部門)に選ばれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加