大会で最優秀賞を獲得したバークスアシュリー粋さん(左)と江口愛実さん=佐賀市

 第31回佐賀市少年の主張大会(佐賀市青少年健全育成連合会など主催)が3日、佐賀市の諸富文化体育館であった。市内26地区の小中学生が参加し、最優秀賞には、小学生の部で思斉館小6年のバークスアシュリー粋(つゆ)さんが、中学生の部では鍋島中3年の江口愛実さんがそれぞれ輝いた。

 参加した26人は各地区の選考会で選ばれた代表で、選挙の大切さや家族の絆、いじめ問題の解決、平和の尊さなどをテーマに熱い思いを、テンポ良く表現力豊かに発表した。

 小学生の部最優秀賞のバークスアシュリーさんは、バレエを通じて身に付けた他人を思いやる気持ちを、身ぶりをまじえながら紹介し、「将来は有名なプリマバレリーナになりたい」と夢を語った。中学生の部の江口さんは、米国人留学生を受け入れた経験を基に、「他文化と接する心構えや、国際人として必要な多様な価値観を身に付けた」と報告した。

 優秀賞は次の通り(敬称略)

 【小学生】塚原敬蔵(春日北小6)北島夏波(開成小6)【中学生】江頭野乃華(富士校中3)朝重みさき(城西中2)

このエントリーをはてなブックマークに追加