客席を間近に、プロの音色を聴かせた日フィル弦楽四重奏団=佐賀市の神野公民館

 来年2月に開かれる日本フィルハーモニー交響楽団県内公演のプレコンサートが11月29日、県内各地であった。日フィルメンバー4人が弦楽四重奏を響かせ、観客は美しい音色に聴き入った。

 この日は、白石町の高齢者福祉施設「桜の園」、佐賀市の神野公民館、小城市のゆめぷらっと小城の3カ所を、バイオリン田村昭博さん、武田桃子さん、ビオラ佐藤玲子さん、チェロ横山桂さんの4人が訪れた。

 このうち神野公民館では、約90人の市民が来場。モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」に始まり、クライスラー「愛の喜び」などクラシックの名曲から日本の歌曲、歌謡曲まで多彩に演奏した。「ちいさい秋みつけた」や「故郷(ふるさと)」では、観客みんなで口ずさんだ。

 佐賀市の高橋博子さん(75)は「ステージとの距離が近く、素晴らしい演奏だった。2月も楽しみ」と本公演に期待を寄せていた。

 2月の県内公演は、14日に佐賀市文化会館、17日に唐津市民会館で開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加