ゴツゴツとした山肌が朝焼けに染まる。巨岩が山頂周辺に重なり、見る者を圧倒する雲仙・普賢岳の溶岩ドーム「平成新山」(1483メートル)。立ち上る白い噴気は、今も活火山であることを物語る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加