全国有数の作付面積と生産量を誇る佐賀県産麦の播種(はしゅ)が大幅に遅れている。適期にあたる11月中旬から今月上旬にかけて断続的に雨が降り、曇天続きで圃場(ほじょう)が乾かず、作業ができなかったためだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加