男子・神埼ジュニア-神埼レッドハリケーン 第3セット、神埼ジュニアの園田乃葵(右)がゴールを決め、12-11と勝ち越す=佐賀市の県総合体育館

女子・神埼ジュニア-神埼レットル 第2セット、相手を振り切ってゴール前に攻め込む神埼ジュニアの西川凜(右)=佐賀市の県総合体育館

 神埼ジュニアが男女そろってリーグ戦全勝を飾り、それぞれ14連覇を達成した。6年生がチームを引っ張り、下級生もディフェンスで奮闘するなど、チーム一丸の戦いぶりが光った。

 男子は初戦で神埼レッドハリケーンと対戦。第1セットで2点リードしたものの、第2セットではリードを広げられず接戦に。最後は15-12で振り切った。

 松野めぐみ監督は「試合経験が少ない下級生の成長が見えた」と手応えを強調。中心となって得点を重ねた園田乃葵は「正面から当たってしっかり相手を止められるようになりたい」とさらなる成長を誓った。

 女子は6年生が2人で、ゴールキーパーを含めほかは3年生以下だったが、全試合で10点以上の差をつけるなど他チームを圧倒した。

 「ボールをもらいに行ったり、味方がノーマークになるようパスを工夫した」と西川凜。試合を振り返り、「100点です」と満面の笑みで喜んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加