バレーボールのプレミアリーグ女子は3日、兵庫県のベイコム総合体育館などであり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)はトヨタ車体クインシーズを3-0のストレートで下し、開幕からの連勝を13に伸ばした。勝ち点38で暫定1位。

 久光製薬は第1セット、序盤相手にリードを許したものの、MBアキンラデウォやWS野本梨佳を中心に連続得点を奪い、25-22で先取した。

 第2セットはアキンラデウォのサービスエースなどでリードを広げ、25-20で連取。第3セットも勢いそのままにWS石井優希やMB岩坂名奈を軸に速攻などを仕掛け、25-13と圧倒した。

 9、10日は佐賀市の県総合体育館で佐賀大会があり、久光製薬は9日午後1時5分から東レアローズと対戦。10日は午後1時から第1試合があり、第2試合でトヨタ車体クインシーズと戦う。

 ▽女子

久光製薬(38)3―0トヨタ車体(18)

このエントリーをはてなブックマークに追加