九州部屋の成績を報告する藤川維吹さん=佐賀市役所

 今年から大相撲の尾車部屋に入門した佐賀市出身の藤川維吹さん(16)が11月29日、佐賀市役所を訪れ、御厨安守副市長に九州場所の成績を報告した。三段目で迎えた九州場所は5勝2敗で終え、4場所連続で勝ち越した。藤川さんは「プロでもやっていける自信がついた」と1年を振り返った。

 春に川副中を卒業したばかり。身長173センチ、体重122キロで、スピードある立ち合いを持ち味にしている。前相撲は3月、初土俵は5月だった。

 小学6年から相撲を始め、中学2年で大相撲入りの転機を迎える。大分県で開かれた「嘉風杯」に出場し、尾車部屋の嘉風関から「いい相撲を取ってるね」と声を掛けられたという。

 報告を受け、御厨副市長は「今後も頑張って、佐賀の誇りになって」と激励した。藤川さんは「もっと立ち合いに強くなって十両に上がる」と目標を掲げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加