「佐賀との友好関係を築けてうれしい」と語るフィジー共和国ラグビー代表のヘッドコーチ、ジョン・マッキーさん=佐賀県庁

 フィジー共和国ラグビー代表チームのヘッドコーチ、ジョン・マッキーさんが1日、佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事と会談した。2019年に日本で開かれるワールドカップの事前キャンプ地視察のために来佐し、「佐賀は施設や人が素晴らしい」と語った。

 マッキーさんはこの日、県総合運動場や佐賀市健康運動センターなどを視察した。ワールドカップの翌年は東京オリンピック・パラリンピックも控え、「フィジーにとっても大事な年になる。佐賀と友好関係が築けてうれしい」と語った。

 佐賀県と佐賀市は10月、フィジーとスポーツ発展に向けた協力に関する覚書を結んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加