肥前守護、少弐氏の最後の居城とされる神埼市城原の勢福寺城跡とその城下町遺跡の探訪会が10日、開催される。神埼市役所政策推進室歴史文化振興係は「山々に囲まれて景観もいい。城下町の原形の保存状態もよく、多くの人に見てもらいたい」と参加を呼び掛ける。

 探訪会は午前10時から午後4時までで、参加は無料。探訪ルートは江上家種の墓がある種福寺を出発し、戦国時代の肥前国にあった最大規模の山城として知られる勢福寺城跡を見学して、城主の館や家臣の屋敷などが並んでいたとされる城下町の遺跡を巡る。

 申し込みの締め切りは4日午後5時まで。雨天時は同17日に延期する。参加申込書を持参するほか、FAXやメールでの申し込みも受け付ける。問い合わせは同係、電話0952(37)0153。

このエントリーをはてなブックマークに追加