鳥栖-札幌 後半7分、鳥栖DFキム・ミンヒョク(右から2人目)がヘディングシュートを決め、2-2に追い付く=札幌市の札幌ドーム

 鳥栖は2点差を追い付く粘りを見せたが、終了間際にセットプレーから勝ち越しを許した。

 鳥栖は前半6分、札幌FWジェイに先制のボレーシュートを許すと、16分にはFW都倉に追加点を奪われた。その後は攻勢を強め、40分にペナルティーエリア内のこぼれ球をFW田川が押し込んで1点差に詰め寄った。

 後半は鳥栖が流れをつかみ、7分にDFキム・ミンヒョクがCKを頭で合わせて同点に追い付いた。攻守が激しく入れ替わる展開が続いたが、43分にセットプレーから札幌DF横山に決勝点を決められた。

このエントリーをはてなブックマークに追加