鳥栖-札幌 後半、競り合う鳥栖MF高橋(左)=札幌市の札幌ドーム

 けがによる主力の長期離脱も目立つ中、MF高橋がチーム唯一のリーグ戦全試合出場を果たした。縦横無尽にピッチを駆け抜け、衰え知らずの運動量で中盤の底を支え続けた。「試合に出続けることができ、何よりうれしい」と振り返った。

 一人でボランチを担うことが多かったが、持ち前の体力は今季も健在だった。試合別の走行距離ランキングは1~3位を独占し、トップ10に7試合ランクインした。

 攻守に顔を出し、体を投げ出す献身的な姿でチームに刺激を与えてきた32歳。「まだ期待に応えきれていないと思う。もっと成長していきたい」と貪欲に目標を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加