成年男子1回戦・佐賀-沖縄 第1ピリオド、果敢にシュートを放つ佐賀県選抜の中尾稜星=福岡県立総合プールスケートリンク

 アイスホッケーの第37回国体冬季大会九州ブロック大会第1日は2日、福岡県立総合プールスケートリンクであった。成年男子の佐賀県選抜は1回戦で沖縄に2-7で敗れ、本国体出場を逃した。

 県選抜は第1ピリオド、沖縄に2点を先制されたものの、DF中尾稜星(立命館大)、FW川口遼(龍谷高教)らが中心となって反撃。積極的にゴールを狙い、1点を返した。

 その後もDF伊東大(ナカシマリゾム)、DF倉守直尚(ミズマチ)らが奮闘したが、徐々にリードを広げられた。

 最終日は3日、同会場で準決勝と決勝がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加