バレーボールのプレミアリーグ女子は2日、兵庫県の加古川市立総合体育館などであり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)はJTマーヴェラスに3-1で勝ち、開幕12連勝を飾った。勝ち点35で暫定1位。

 第1セットは相手のサーブに崩され、24-26で落としたが、追う展開になっても冷静さを保ち続けた。第2セットはMBアキンラデウォを攻撃の要にして反撃。WS新鍋理沙やMB岩坂名奈のブロックでも得点を重ね、25-22で取り返した。

 第3セットも相手に16点しか与えず連取。第4セットは新鍋や岩坂を中心に多彩な攻撃を仕掛け、25-23で勝負を決めた。

 久光製薬は3日、兵庫県のベイコム総合体育館でトヨタ車体クインシーズと対戦する。

▽女子

久光製薬(35)3―1JT(24)

このエントリーをはてなブックマークに追加