先着100人に、丸ぼうろなど佐賀の銘菓セットが振る舞われた=佐賀市のJR佐賀駅

 佐賀市のJR佐賀駅内の商店「えきマチ1丁目佐賀」が、旧デイトス時代も合わせて開業40周年を迎えた。1日から感謝祭が始まり、買い物券が当たる抽選会やコンサートが楽しめる。24日まで。

 2日は多彩なイベントがあり、西南学院大の学生17人によるチアリーディングは、軽やかに宙を舞うパフォーマンスに歓声が上がった。丸ぼうろや小城ようかんなど佐賀の銘菓詰め合わせが先着100人に振る舞われ、家族連れが列をつくった。

 抽選会は期間中の金曜と土曜、最終日の24日に実施。3千円分のレシートで1回でき、1当は佐賀牛レストラン「季楽」のペア食事券、2~4当には買い物券を用意している。佐賀清和高校の吹奏楽部は22日午後5時半から、クリスマスコンサートを開く。

 管理者のJR九州ビルマネジメントの石田武佐賀営業支店長は「九州16カ所の駅ビルでは、佐賀が一番古く歴史が長い。駅前が寂しくなったとの声も聞くが、少しでも活性化につなげ、地元の方にこれからも長く利用していただきたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加