試合に訪れたサポーターに寄付を呼びかけるサガン鳥栖の三丸選手=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 県共同募金会は11月26日、J1サガン鳥栖-ジュビロ磐田戦があった鳥栖市のベストアメニティスタジアムで募金活動を行った。サガン鳥栖の三丸拡選手と石川啓人選手も募金箱を持ち、赤い羽根共同募金の協力を呼び掛けた。

 選手たちは、スタジアム入場口に向かうサポーターに「募金の協力をお願いします」と笑顔で声を掛け、500円以上の募金をした人にはサガン鳥栖マスコットキャラクター「ウィントス」と赤い羽根のコラボピンバッジをプレゼントした。

 昨年も同スタジアムで募金したという毛利由紀さん(31)=福岡県=は「額は少ないけれど役に立てれば」と話した。

 県共同募金会によると、サガン鳥栖の協力による赤い羽根募金は本年度、ホーム3試合で32万円を越す浄財が寄せられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加