感謝の気持ちを込めて花束を手渡す三田川幼稚園の園児たち=神埼市の神埼署

 「いつも、お仕事ありがとう」-。勤労感謝(きんろうかんしゃ)の日(ひ)に合わせて、神埼(かんざき)市千代田町のちとせ保育園(ほいくえん)(片江涼子園長)や吉野ヶ里(よしのがり)町の三田川幼稚園(ようちえん)(久保淳一園長)が、地元で働く郵便局員(ゆうびんきょくいん)や警察官(けいさつかん)に日ごろの感謝(かんしゃ)の気持ちを込(こ)めて、花束や手作りの記念品を手渡(てわた)しました。

 ちとせ保育園の園児13人は11月22日、千歳(ちとせ)郵便(ゆうびん)局に足を運びました。同園が創立(そうりつ)した2003年以(い)降(こう)、毎年感謝の気持ちを伝え、この日も園児たちは「いつもお仕事ありがとう。これからも頑張(がんば)ってください」と、ドングリなどを使って郵便局のマークをあしらった記念品などを手渡しました。受け取った松尾美空さん(19)は「元気をもらうことができてうれしかった。いろんな人に信(しん)頼(らい)されるように頑張(がんば)っていきたい」と喜びました。

 神埼署には11月24日、三田川幼稚園から園児22人が訪(おとず)れました。園児たちは、いつも地域(ちいき)の安全・安心に力を注いでいる“おまわりさん”に「いつも私(わたし)たちの町を守ってくれてありがとう」と花束を手渡しました。同署の戸渡貴博警務課長(56)は「みんな励(はげ)みになったと思う。ますます頑張(がんば)っていかないと」とさらなる地域貢献(ちいきこうけん)を誓(ちか)いました。(11月25日付20面)

このエントリーをはてなブックマークに追加